垂水のこと

花の名所・街道

UPDATE:2018/03/01

穏やかな環境の中生まれた様々な花の名所・街道

垂水区では、"いきいきした生活文化のまちづくり"として、 "季節の花があるまちづくり"をテーマに、区内各地の公園や道沿いに、花の名所がつくられています。
また、市民におなじみの場所から意外な場所まで、市民や観光客のみなさんが四季折々の季節の花を楽しんでいただけるように神戸市公園緑化協会が昭和61年から「こうべ花の名所」を紹介しています。みなさん見にきてくださいね。

  • クレマチス

    クレマチス

    全世界に300種ほど分布するクレマチスは、日本にもおよそ20種が自生しています。つるを長く伸ばすのが特徴で、名前の由来もギリシャ語のクレマ(つる)です。

  • スイセン

    スイセン

    スイセンは古くから春を告げる草花として親しまれています。多年草で30しゅの野生種があり、日本でも多く生育しています。花は白色、黄色、オレンジ色が多く、ピンク色や緑色のものもあります。

  • モモ(ハナモモ)

    モモ(ハナモモ)

    モモはひな祭りの花としてよく知られています。食用と観賞用の2種類に分類され、観賞用の花木は特にハナモモと呼ばれています。

  • ゼラニウム

    ゼラニウム

    垂水区の花・ゼラニウムは、ピンク色、白色、赤色のかわいらしい花を咲かせます。ハーブの一種で特有の香りがあります。また、日当たりを好み、挿し木でも増える多年草です。区の花になった理由として、「花がどんどん人の輪と同じように、増えていきますように。」という想いも込められています。

  • ローズマリー

    ローズマリー

    ローズマリーはハーブの一種で、小低木です。夏の初めに、淡紫色の花をつけます。香草として肉料理に使われるほか、香水や石鹸の材料としても人気があります。

  • サクラ

    サクラ

    サクラは、ばら科の落葉高木。春にピンク、白などの美しい花が咲きます。ヤマザクラ・ソメイヨシノ・シダレザクラ等、種類が多く、日本を代表する花として広く親しまれています。