垂水のおすすめスポット

大歳山遺跡(おおとしやまいせき)

幅広い時代にわたる遺跡

明石原人(あかしげんじん)の化石を発見したことで有名な考古学者、直良信夫(なおらのぶお)が縄文時代前期の土器を発見し、「大歳山遺跡」の名前を付けました。
その後の調査で、2万年前の石器や弥生時代の竪穴式住居(たてあなしきじゅうきょ)の焼け跡などが発見され、幅広い時代にわたる遺跡であることが分かっています。
1972年(昭和47年)に一棟の竪穴式住居が復元され、遺跡公園として整備されています。

交通・アクセス

・JR「舞子駅」、山陽電鉄「舞子公園駅」から市バス・山陽バス52・53・54・191系統で「舞子坂一丁目」下車、西へ徒歩約5分
・市営地下鉄「学園都市駅」から市バス・山陽バス53・54系統で「舞子坂一丁目」下車、西へ徒歩約5分

【ご案内】

見学は随時可能。毎年11月初めに、1週間ほど遺跡内部を公開。
【問い合せ】神戸市教育委員会 文化財課 078-322-5798