垂水のこと

昔の垂水

明治以前

大歳山遺跡(縄文・弥生時代)、五色塚古墳(古墳時代)、多聞寺(平安時代)…
昔を忍ばせる場所は今でもあちこちに見られます。
源平合戦のときには、現在の名谷まで影響が及びました。
また、江戸時代は播磨国の一部に属し、明石藩の所領でした。

神戸市漁業協同組合(垂水漁港)にお邪魔して、現場を見せていただきました。

明治時代

日本が近代国家としての体裁を整えていったこの時代。
垂水でも明治6年に、小学校(名谷、舞子、塩屋)が設立され、市制・町村制の施行により、新たに旧7ヶ村(東垂水、西垂水、名谷、塩屋、下畑、多聞、山田)による明石郡垂水村が組織されました。さらに山陽鉄道(現在のJR西日本)が開通しました。
日本屈指の景勝地である舞子では、明治天皇をはじめ皇族方が度々訪れられ、明治27年には有栖川宮の別荘(現在の舞子ビラ)が建てられました。浜沿いの、萬亀楼、左海屋、亀屋といった旅館には、伊藤博文、井上馨、東郷元師といった名士たちも宿泊したといわれています。
さらに、塩屋海岸には、外国人の別荘も建てられていきました。しかし、人々の生活が大きく変化したわけではなく、明石郡垂水村は依然、農・漁業を中心とした静かな農村地帯でした。 

大正時代

白砂青松の舞子の浜。ここには、垂水のまちをこよなく愛した華僑の豪商呉錦堂が六角堂(移情閣)を建築し、大正5年(1916年)に完成しました。美しい舞子の浜に、より一層の彩りを添えることになりました。 大正2年には、中国革命の父、孫文が呉錦堂を訪れ、その時に書いた「天下為公」の直筆の碑が今も残っています。 兵庫電気軌道(現在の山陽電車)が一の谷から塩屋、さらには明石まで開通、神明国道(現在の国道2号)の工事開始など、交通網の整備が始まりました。 大正という比較的自由な時代に、別荘地・避暑地として、人々が訪れるまちとなり、またゴルフを楽しむ姿も見られるようになりました。
国際都市神戸の影響で、大正に入ると垂水にもハイカラ洋文化の風がそこかしこに流れはじめました。 赤い屋根で飾られた舞子ゴルフ場(現在の垂水ゴルフ場)の誕生など、新しい姿へ垂水は動きだしました。
大正6年、それまで兵庫から塩屋まで通っていた電車が、垂水をへて明石まで開通しました。  兵庫電気軌道は塩屋の町並に入ると、その街道の真中を走り、塩屋・垂水間は軌道が国道と併用していました。 その後昭和2年に兵庫電気軌道は、宇治川電気鉄道部、昭和8年に現在の山陽電気軌道にその名を変えました。

昭和時代(戦前)

エキゾチックな雰囲気の漂う塩屋の外人住宅街。昭和7年ごろから、ここを開発したのが、アーネスト・ウイリアム・ジェームス氏でした。 現在も「ジェームス山」としてその名前を垂水のまちに残しています。
昭和の初めから、県立神戸高商(現在の商大)、県立神戸商業(現在の星陵高校)などの学校が次々に垂水に移転。垂水の環境の良さがしのばれます。
旧国電の須磨-明石間が開通、昭和8年(1933年)神明国道(現在の国道2号)の完成、昭和11年(1936年)山陽バスの運行開始と、交通網も次第に整備されていきました。
昭和16年7月、明石郡垂水町が神戸市に合併編入、須磨区垂水町となり神戸市としてのスタートをきりました。 

昭和時代(戦後)

昭和21年11月、垂水町は須磨区から独立し、市内7番目の区、垂水区が誕生しました。
垂水は戦争での被害が比較的少なかったため、市内を離れていた人々が移り住み、人口は増加の一途をたどります。
昭和26年には垂水小学校の児童数が4,000 人を越え、日本一のマンモス校となりました。
のり養殖、垂水漁港の整備など、漁業の振興が図られていく一方、新たな地場産業として、昭和43年には小束山に神戸木工団地が完成しました。 とはいえ多聞、名谷、下畑などの地域では依然として穏やかな農村風景が広がっていました。

-団地開発-

昭和30年代後半、丘陵地の開発が本格的に始まり、高丸の市営住宅や東舞子団地など大型団地の建設が相次ぎました。
40年代に入ると上高丸団地、多聞団地、西舞子団地、明舞団地などが完成。これらの団地造成により、垂水北部の風景はガラリと変わることになります。
そして、人口も昭和30年から50年にかけ、10年ごとに急激に増加していきます。
こうして、昭和50年には、区内の人口はついに20万人を突破しました。

-交通網の発達-

人口増加に伴って、交通網にも変化が見られます。まず挙げられるのが垂水駅の高架化です。
昭和34年、旧国鉄は、鷹取駅~明石駅間の複々線工事にとりかかり、この工事により垂水駅は高架となりました。
昭和40年には今の垂水駅が完成、山陽電鉄垂水駅も昭和42年には現在の姿になりました。 また、国道2号の交通量が増加したため、新しい道路の建設も進められました。
昭和39年には名谷~大蔵谷間が開通。45年には月見山~大蔵谷間および大蔵谷~明石西間が、「第2神明道路」として開通しています。

-生活環境の整備へ-

昭和40年代からは、住宅以外にもさまざまな事業が行われるようになります。
文化面では、昭和40年の五色塚古墳の復元工事開始を皮切りに、49年に大歳山遺跡公園、その翌年には垂水体育館が完成します。

-昭和57年、西神地区は西区に-

この時期、神戸市ではポートピア ‘81(昭和56年)、ユニバーシアード神戸大会(昭和60年)など大規模な催しが行なわれました。
そのようななか、垂水では昭和58年に垂水下水処理場の運転が開始され、平磯海づり公園(昭和59年)、垂水スポーツガーデン(昭和62年)などのレジャー施設もオープンしました。
生活していくうえでの環境がより一層整えられていくなか、道路の整備も進み、平成3年には垂水妙法寺線(垂水区内)が開通しています。
また、昭和63年5月に明石海峡大橋の工事が着工され、平成10年4月5日に開通しました。